専用クレンジングを使わないのは危険?!

まつげをカールさせたり、ボリュームや長さを出す為にマスカラを、塗る方も多いのではないでしょうか。

まつげをメイクする事で、まつげ自体にボリュームや長さが出るだけでなく、目にフレーム効果が生まれ、大きな瞳に見せる効果が期待出来ます。

また、マスカラの他にアイシャドウやアイライナーも使い、メイクをするとより印象的で華やかな目元になれるでしょう。
最近のコスメは汗や水に強い処方で作られているので、落ちにくく、アイメイクが長持ちします。

 
ただ、注意したい点がアイメイクの落とし方です。

落ちにくいアイメイクを、顔と一緒に洗ってしまうと、アイメイクの成分が肌に残ってしまいがちです。
マスカラやアイシャドウ、アイライナーは色素が濃い為、洗い残しがあると色素沈着の、原因となってしまいます。

しっかり落とそうと、目元をゴシゴシ洗ってしまうと、その刺激で同じく色素沈着が起きやすいですし、乾燥やシワも出来やすくなってしまい、目元の老化が進んでしまうのです。

マスカラなどのアイメイクは、顔用のクレンジング剤で落とすのではなく、アイメイク専用のクレンジング剤で、落とすようにしましょう。
専用クレンジング剤なら、力を入れる事無くアイメイクを落とせる為、目元への負担も軽減出来ます。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り