古くて汚れたビューラー使用は危険?!

アメフト01

 

毎日使う美容アイテムの中で、メンテナンスにあまり気を使ってないものがビューラーです。
本体に、ゴムが挟み込んであり、そこへまつげを挟み込み折り跡をつけてまつげを上げるのですが、
ゴムの同じ箇所にあたるので日々劣化してします。

 
そこに亀裂が入りまつげを傷つけてしまうことがあります。
毎日のファンデーションやアイシャドーなどが付着している事も多く、その塗り重ねで粘着質になってしまい、
まつげがくっつき抜けてしまう原因にもなります。

 
出来れば、使用するたびにまつげの接着面の汚れはきちんとふき取る用にする事がおすすめです。
少し手間に思うかも知れませんが、まつげを守るためには大切な事なので、是非実践して欲しいです。
毎日拭き取っていれば、ゴムの汚れや劣化に気付きやすいので、交換の時期もすぐに分かります。
抜けたり切れたりすることを防ぐためにきちんと確認するようにすることが大切です。

 
交換すると、こんなに軽く当てるだけでまつげが上がるんだと驚くと思います。
日々使うものは、中々変化に気がつき難いので、取り替えたときの使用感を忘れないようにすると良いです。
まつげで綺麗になる為に使用するのに、ダメージを与える様では効果はありません。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り